緊急事態宣言が延長されるのか・・・


父はコロナ禍で、定期的に訪問していた「ポリープ検査」をスキップして発見が遅れました。


自己責任なので何を言っても仕方がないけど、もうこの騒ぎように正直吐き気がする。


と同時に、色々なピントのズレを強く感じるのは私だけでしょうか?

政治って、有事の際に「対処」する事(だけ)じゃないですよね。


1回目の緊急事態宣言後、

「生命」と「経済」の2軸のバランスを保って、事前に策を講じるのが政治・各都道府県の首長のミッションだったワケじゃないですか。


「第何波」か分かりませんが、2020年末以降の冬の季節に感染が増えるのは、誰もが予測していた事ですよね?



● 国民や特定の企業に『制限』をして『お金』を出す事だけになってませんか?



一般的な企業で考えると、これ、かなりオカシイと思うのですが。





1)医療崩壊の防止・病床確保。

 ● 政府も東京都も各県も、事前に何に手を打ったのか?その成果は?

  ① まずは、成果が得られなかった「謝罪」
  
  ② 次に「説明責任」
    ・成果が得られなかった要因を明確にする。
    ・要因から、繰り返さないための「策」を説明する。
  
  ③ 最後に「相談やお願い」


  という順番じゃないですかね?



  なんか


  『会食は気をつけろ。と言ってるのに、守らない国民の責任だ』



  みたいな姿勢ってどうなんですかね?

そんな姿勢の会社があったら




  (︶︿︶)╭∩╮  



  これもんですよね。


  企業も従業員もついてこないですよね。



  そして、超最悪なのは



  都知事を筆頭にした超絶他責の各首長の姿勢。



  政府に緊急事態宣言を要請します。「ワンボイス」で。



  「はぁ~!!!!!!!!!」

 

  仲良く、自分の立場を守ってんじゃねぇ!!!!!!




  こんな他責な、事業部長や経営者がいたら  



  ╭∩╮(︶︿︶)╭∩╮


  そっこーで、市場から退場ですよね。

 

2)緊急事態宣言の検証

● 緊急事態宣言の「+」と「ー」の要素と規模は?

① まずは「振り返り」
    ・数値の整理と説明。

② 次に、今後に向けた「注意点」の検討

③ そして、緊急事態宣言を再発例する際は
    ・前回の振り返りから
    ・今回の目的は~~~で、~~~という目標を設定した。
    ・~~~期間に協力をしてもらえたら
    ・前回の例から、~~~~が見込める。

というプロセスが、ごくごく当たり前じゃないんでしょうか。



経済へのマイナス影響の他


子供たちの「学校行事」や「卒業旅行」など


その時にしか味わう事ができない「体験・経験」も、平然と奪っていますよね。


コロナ禍だから仕方ない。という、大人が私の周りにもいましたが



はぁ~~~~

簡単な一言でまとめてんじゃねぇよ!!!!!!!!!!!!


┌П┐(►˛◄’!)



ここまで、多くの事を犠牲にしてまで

医療崩壊を防ぐために、再発令や延期をするなら




然るべき説明やステップやプロセスを踏むのは

普通に生きていれば、当たり前ですよね。


「やむを得ない」みたいな風潮だけで

取り合えず「要求・制限」だけをする。




そんな会社に、人がついていきますかね?




完全に切り捨てられて、しゅーりょーですよね。


┌П┐(►˛◄’!)┌П┐



コロナではなく

人によって「経済」「心」が壊されているように思えてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。